二つ年上の同僚、まり衣(え)ちゃんから仕事の話のついでのお喋りを楽しんでいたときのことでした。
収入が途絶えて、途方に暮れる状態だと相手に伝えていきました。
お金ください掲示板を利用して、無償支援男性を探そうと思って失敗した話もしました。
「ああ、私もね、そういうの利用経験があるよ。お金助けて掲示板とかお金欲しい掲示板も」
「それで、結果は良かったの?」
「未羽美ちゃんとおんなじでね、オナニー動画くれたら支払うって言われて、あげたらドロンされちゃった」
まり衣ちゃんも、私と同じ経験をしていたことに驚きを隠しきれませんでした。
「無料の掲示板は、まともな人いないから利用しない方が無難なんだよ」
悪意のある人の方が多くなってしまう。
都合の良い話はネット上にはないなど、様々なことを言われました。

 

 コロナ以降のトレンドな言葉といえば、オンラインやリモートだと彼女は話します。
「オンライン飲みって随分流行ってるでしょ」
「うん」
「あれを使ってカンパ貰うの」
「ええっ」
正直、かなり驚かされてしまいました。
「病気が蔓延している今だからこそ、リモートパパ活!オンラインのサシ飲み希望者をパパ活アプリで探してね、お金をもらえるんだよ」
気が違わんばかりに、心臓の鼓動が早まっていくのを感じてしまいました。

 

 病気蔓延のため、通常のパパ活は現在難しい状態のようです。
やりとりこそ成功しても、オフラインでのやりとりになることがない。
彼女は言います。
「今はオンラインパパ活しか収入方法はないと思っても間違いないの」
彼女もサシ飲みの相手を探して、カンパの形でお金をもらっていると言います。
なかなか面白そうだと思いました。
オンライン上での出来事なら、病気の危険性だってない。
怖い思いをすることもありません。

定番アプリ女性は完全無料

助けてくれる人を探すなら迷わずコレ!