コロナ以降、密になる接触はNGとされているため、人々はオンライン飲みなどで憂さを晴らすようになっています。
テレビ番組などがリモートで作成されているのと同様です。
オンラインの飲みは、多くの国民に受け入れられるようになっています。
私も古くからの友人たちと、これで飲み会を開催した経験もあります。
「飲み相手がいなくてね、オンラインのサシ飲み相手を探すような男性もいるからね」
彼女は、パパ活アプリ(Jメール、ワクワクメール、PCMAX)で相手募集をしている男性のプロフなどをチェック。
ゆとりがありそうな人に、声をかけたりするそうです。
自分でも投稿して、相手のプロフを確認してからやりとりをするようにするのだそうです。
「いかにもギャラ飲みの雰囲気は封印してね。普段仕事でやっているような状態で、さりげなく興味を持たせていくの」
相手を楽しませてあげたあと、仕事が休業で大ピンチだと伝えるのだそうです。
「するとね、優しい人だとカンパくれたりして」
「あの、支払い方法は?」
「アマゾンギフト券だったり、LINE PAYのうな電子マネーでお願いしているよ」
この方法を積み重ねていくことで、多額の報酬に繋がっているそうです。
収入の見込みがたち、安心した気分を感じている私だったのでした。

 

 世の中には、オンラインキャバというのも存在しているのだそうです。
「あれを試してみたんだけど、儲けは殆ど運営サイド。かなり効率悪いって感じだったから、アプリで相手を探した方が確実だよ」
さすが頼りになる二つ上の同僚。
彼女の話すことは、何時だって確実性が高いのです。
サシ飲みをオンラインでする事で莫大なカンパを得ることがあるそうで、まり衣ちゃんは、パパ活アプリで成功しています。
私もJメール、ワクワクメール、PCMAXで活動しなければって気持ちを強めていきました。

定番アプリ女性は完全無料

助けてくれる人を探すなら迷わずコレ!